西園寺陽姫

プロフィール

【名前】 西園寺陽姫(さいおんじ はるひ)
【誕生日】8月20日
【血液型】B型
【身長】 179cm
【サイズ】99/61/95
【好き】 サンドイッチ
【嫌い】 漬物
【特技】 未定
【好きな色】橙

概要

「えー・・・それはわたしには分からないことだよぉ。」

【基本情報・性格】

最も大柄な身長を持つ。一応学級委員なのだが無源学園がクラスでの活動を重要視しないので、話し合いの時に前に立って意見をまとめるぐらいである。
見た目通りのんびり屋でおっとりしており優しい心の持ち主。その器の広さは胸を間違って触ったとしても一切の怒りを見せないほど。
ただ、全く怒らない代わりに気弱で泣き虫。おまけにホラー系の話が苦手で血液が飛び散っただけで叫び声を上げるほど。
喋りも~を多用していて「だよぉ~」、「だねぇ~」などのゆったりした言い回しを好んでいる。
臆病な性格でちょっとした事にも挙動不審になってしまう。周りからは出来が悪いと酷評されることも。配布されたスマートフォンはオレンジ色のAOSタイプを使っている。

【趣味・特技】

自宅としているビルの屋上で土を敷いてビニールハウスを建て家庭菜園をやっている。育てているものはイチゴやメロン、根菜類以外の野菜など様々。趣味で育てているものなので特に販売はしておらず家で食べている。菜園を荒らす者には常に温厚な彼女も容赦がなく、「畑の肥料にしてやりたい」と言うほど。
他にも屋上で天体観測をやっており部屋には望遠鏡がある。自室の棚には珍しい隕石や鉱石と思われる石を飾っている。
腹話術が得意で人形で一人芝居をすることも。腹話術をする時は彼女の普段の話声とは全く違う声を出せる。
また、姉である萌夏の探偵事務所を手伝うこともあるため探し物が上手。

容姿

【髪型・身体特徴】

橙色のロングヘアーを後頭部で折り返してバレッタやバンスクリップでまとめてアップスタイルにしている。クリップはたくさんの種類を持っていて時折変えることもある。髪質は咲彩と似ているが、やや癖毛程度。前髪は長く、中分けのワンレングスにしており凸キャラでもある。
前述のとおり一番高い身長と胸を持つので、心無い人間たちからデカいと言われ続けた経験がある。そのせいでいつか背を縮める手術をしたいと思っている。

【服装】

ゆったりしたワンピースやジャンパースカートなどが好み。テンガロンハットやロシア帽などの帽子を大量に所有しており、季節や気分によって変えている。帽子を被る時は髪は解かずにまとめた状態で中に入れている。帽子は緑で服はオレンジ色の物を着用していることが多い暖色好き。

その他

【身内】

祖父・・・65歳。西園寺家現当主で騎ノ風市の土地をほぼすべて所有している不動産王。季子を跡取り候補として面倒を見ており陽姫と萌夏のことも大事に思っている。まだまだ元気で好物は肉。

父・・・・39歳。神宿家の出身。咲彩の父の弟で西園寺家に婿養子で入った。自分の立場に不満を持ち現在疾走して行方不明。

母・・・・37歳。東條寺安芸の芸名で活動する人気声優。アニメや吹き替えだけでなくナレーターとしても活動している。陽姫のことでもめた経験から実家との折り合いはあまりよくない。

姉・・・・19歳。名前は西園寺萌夏。騎ノ風総合大学の大学生。妹以上におっとりのんびりした性格。副業で探し物専門の探偵をやっている。愛麗の姉の創とは親友だが、和琴の姉宇織とは関係を持っていない。

妹・・・・10歳。名前は西園寺季子。西園寺家の末娘で祖父の下で暮らしている。西園寺家の跡取り候補で姉たちよりも大人びた対応を見せる。

【一族について】

西園寺家は古来から騎ノ風市の南側を治めていた一族であったが、現在では不動産として騎ノ風市のほぼすべての土地を所有するまでになった。
しかし母の産んだ子供には男がおらず、先代(祖父の父)から使えている考えの凝り固まった使用人たちの判断で陽姫が男扱いされ育てられることになった。それに納得いかなかった母が西園寺家から萌夏と陽姫だけを連れて離反した。祖父とは元々親しかったので実家にはたまに遊びに行っている。